宿泊予約はこちら

歴史

History

開湯1100年の古湯・川渡温泉。
藤島旅館はこの地で400年以上、温泉宿を営んできました。
静かな温泉街の歴史を少しだけご紹介します。

藤島旅館の歴史

藤島旅館は、近世前期からこの場所で温泉旅館を営んでいたという記録が残っています。当時、このあたりは仙台藩領の陸奥国玉造群大口村(むつのくにたまつくりぐんおおぐちむら)と呼ばれていました。藤島家は大口村内の川渡温泉の湯守として宿屋を営業し、温泉を管理して入湯客からの湯銭を徴収し、その一部を「御役代(おやくだい)」として藩に上納する仕事をしていました。御役代(運上金)は年貢ではなく諸役に分類されるため藩の収入になります。そのため何度も利権争いが起こっています。それだけ、当時の温泉の収益性が高かったということでしょう。

江戸時代に出版された「諸国温泉効能鑑」(温泉番付)には、仙台藩領内の温泉として鎌先、秋保、鳴子、川渡の4つが掲載されています。全国的にも知られた名湯が集まるこの辺りは当時から温泉のメッカとして知られていました。藤島旅館の歴史は川渡温泉と共に、400年以上この場所で全国から多くの人の身体や心を癒してきました。

当館は代々「藤島吉郎右衛門(きちろうえもん)」と当主は名乗り、男子が継承して参りました。現当主が19代目になります。
橋を渡り突き当たりが藤島吉郎右衛門家(藤島旅館)

明治前期の川渡温泉絵図(永澤小兵衛編著『宮城県鉱泉志』<1891年、宮城県図書館蔵>)
※東北文化史料叢書 第二集より

昭和の初期と思われる藤島旅館客室

川渡温泉客室ポストカード(加賀商店発行)

温泉石神社(ゆのいしじんじゃ)

温泉石神社は藤島旅館の北側にあります。藤島家の当主が代々総大長を担ってきました。参道から鳥居を抜けると左側に階段があり、登ると境内に辿り着きます。約1100前に作られた「延喜式神名帳」に、玉造三座の一社としても登載されている延喜式内神社です。延喜式神名帳に記載されている温泉に関する式内社は10社あり、この温泉石神社はそのうちの一つです。

由来

「承和4年(837年)この地に大噴火が起り、雷響き振へ昼夜止まず、周囲二十余尺の大石の根元より温泉河に流れ、その色水漿の如しと依って、この石を温泉石神として祀り鳥居だけがあった。其の石上に承和10年神社を建立し、大己貴神、少彦名神を祀り、土地の人等この状を具して朝廷に奏し、明治7年大口村の鎮守神として村社に列せられる。」

温泉石神社の由来にある温泉の色「漿(おもゆ/しる)」は、現在の藤島旅館の泉質である含重曹芒硝-硫黄泉の色の特徴とも合っています。